男子求人で稼ぐなら力仕事か介護職で男らしさを発揮する

黄色い服の男性

中高年やシニア世代の再就職の厳しい男子求人

サングラスをかけた男性

中高年男性がある日突然、職を失う事は珍しくない。リストラの対称になり給料カット、早期退職を余儀なくされます。失業手当てを使いながら就活に突入、ですが面接までたどりつけないのが現状でしょうか?家庭をもつ男性にとって仕事が決まらないのは大変なプレッシャーです。再就職を目指し仕事を探す時、こだわりがあると思います。給料や安定して働けるか、自分の経験がいかせるか?正社員で定年まで働きたい等があげられます。
希望者が必ずしも仕事につけるわけではありません。こんなとき、ある程度こだわりを捨てることも必要です。給料が下がるのは仕方ないこと、まず生活していくために収入を得なければならない。正社員だけでなく、派遣社員やアルバイトも視野に入れる必要があるでしょう。仕事ぶりが認められれば正社員の道が開けることもあります。自分の長所はなにか?もしかしたら能力をいかせる職場は他にあるかもしれません。
今の時代、60歳を過ぎても働く人は多く当たり前になっています。労働力が不足している業種にとってシニア世代は即戦力として注目されています。コンビニやファーストフード店、清掃や警備員はここ数年特に目立つ業種です。年金と貯金だけで生活していけない、体力のある内はバリバリ働きたい。少子高齢化の影響もあり、高齢者対象の再就職を支援しています。若い世代に混じり、非正規で働く人はさらに増えていくでしょう。

メガネをかけた男性

男子求人の変化

昨今、アベノミクスの戦略として、「女性が輝く日本」という課題が掲げられていますが、男性だって自分のやりたい仕事で輝きたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。現実で今働いている仕事に誇りを持ち、毎日を有意義に過ごしている方も沢山いると思いますが、しょうがなくその仕事をやっている、もっと他の仕事もしてみたい、というように、まだまだ満足していない方も多いと思います。女性の社会進出が叫ばれるなか、男性の求人はどのように変わっていくのでしょうか。昔は男性が働きに出て、女性が家を守る、という形…

MORE ▶

筋肉

男子求人での就労における必要な自覚

何の知識も経験もない男女が居た場合、給料の割が良い職業につけるのはどちらでしょうか。おそらく女性ということになると思います。性産業は除いたとしても、夜のお店に代表される水商売につけば一般的な会社員の給料より少し良いくらいからもっと高額な給料を得ることも可能です。翻って男性の場合、夜のお店などは働き口が少な過ぎるので除外になり、その代わり肉体労働、その中でも単純で肉体的負担の多いものになると思います。引っ越しの荷物運び、現場作業員等です。得られる給料は下手をすれば一般的な会社員の半分…

MORE ▶

TOP