男子求人で稼ぐなら力仕事か介護職で男らしさを発揮する

黄色い服の男性

男子求人での就労における必要な自覚

筋肉

何の知識も経験もない男女が居た場合、給料の割が良い職業につけるのはどちらでしょうか。おそらく女性ということになると思います。性産業は除いたとしても、夜のお店に代表される水商売につけば一般的な会社員の給料より少し良いくらいからもっと高額な給料を得ることも可能です。
翻って男性の場合、夜のお店などは働き口が少な過ぎるので除外になり、その代わり肉体労働、その中でも単純で肉体的負担の多いものになると思います。引っ越しの荷物運び、現場作業員等です。得られる給料は下手をすれば一般的な会社員の半分から上手くいって会社員より少し良い程度だと思います。倍を稼ぐのはおそらく無理でしょう。つまり、何も無い状態のままでは女性の方が高い給料を得られるという現実があるわけです。
ということは、男性が何も持たない女性と同じ給料を得るには何かを持たなければいけないと言う事ができます。それは知識であったり、技術であったり、経験であったりするわけです。男女で比較した場合、女性に比べ男性はスタートの時点で何かを学んで自分自身に何かしらの価値をつけなければいけない。その必要がある状態です。なので、男性は働くにあたってその点が前提にあることを意識し、自分を向上させる努力を怠ってはいけない、または怠ると良い職業につけないことになりうるという自覚が必要なのだと思います。

メガネをかけた男性

男子求人の変化

昨今、アベノミクスの戦略として、「女性が輝く日本」という課題が掲げられていますが、男性だって自分のやりたい仕事で輝きたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。現実で今働いている仕事に誇りを持ち、毎日を有意義に過ごしている方も沢山いると思いますが、しょうがなくその仕事をやっている、もっと他の仕事もしてみたい、というように、まだまだ満足していない方も多いと思います。女性の社会進出が叫ばれるなか、男性の求人はどのように変わっていくのでしょうか。昔は男性が働きに出て、女性が家を守る、という形…

MORE ▶

筋肉

男子求人での就労における必要な自覚

何の知識も経験もない男女が居た場合、給料の割が良い職業につけるのはどちらでしょうか。おそらく女性ということになると思います。性産業は除いたとしても、夜のお店に代表される水商売につけば一般的な会社員の給料より少し良いくらいからもっと高額な給料を得ることも可能です。翻って男性の場合、夜のお店などは働き口が少な過ぎるので除外になり、その代わり肉体労働、その中でも単純で肉体的負担の多いものになると思います。引っ越しの荷物運び、現場作業員等です。得られる給料は下手をすれば一般的な会社員の半分…

MORE ▶

TOP